PAGE TOP

社員インタビューヘッダーイメージ

自分と同じ数字を上げる営業社員をどんどん生み出し、サクヤの組織づくりを担う人材へのステップアップを。

営業 (人材コーディネーター) 2017年度入社

木綿 冬威/Toi Kiwata

日本大学 法学部 経営法学科卒

学生時代から長期インターンシップで営業職を経験。より多くの経験値を積めると考えサクヤに入社。
クライアントへ適した人材の提案、技術者と派遣先の間で起こる問題の解決、後輩社員へのトレーナー指導など、様々な業務をこなしながらも売上No.1を誇る、サクヤを牽引する人材コーディネーター。

自分と同じ数字を上げる営業社員をどんどん生み出し、サクヤの組織づくりを担う人材へのステップアップを。

ー入社して感じるサクヤの魅力は?

「強い競争心」こそサクヤの魅力

一番は代表のような経営者と一緒にお仕事できる点が最大の魅力だと思います。真顔で「Googleを超える」と言う社長はどこにもいないでしょう。普通に言ったら笑われてしまうと思うんですが、それを本気で思っている、その信念をどんな事があっても曲げないところを私は尊敬しています。そういった気持ちで仕事に挑むってなかなかできないと思うので、素晴らしいと思いますね。
サクヤは若い人が多いので、その若い力で協力し合ってできる雰囲気や、人生を変えるために一生懸命働くと皆意気込んでいるので、そういった刺激的な環境がモチベーション高く仕事を出来ていると思います。
年齢が近くて同じ志向を持った人たち同士、切磋琢磨しながら「絶対1番になってやるぞ」というような思いでできる環境が魅力だと思います。

社員インタビューイメージ 社員インタビューイメージ

ー仕事をしていて楽しい経験は?

技術者の「人生を変えた」人材コーディネーター

あるフリーランスのエンジニアさんとお会いして、その方の理想とする案件を紹介する事ができ、技術力の向上やプライベートの充実まで貢献することができたことがありました。その方がご結婚をされた時に「新婚旅行も行けました!」って感謝の言葉を頂いた時はすごくやりがいを感じました。「人生を変えた」とまでは言いませんが、かなりキャリアアップに貢献できたと思いました。

社員インタビューイメージ

ー仕事をする上で大切にしていることは?

謙虚な気持ちで、真面目に取り組む

「天狗にならない」ように心掛けています。やっぱり人間って数字が上がってきたら「ラクしたい」って考え始める生き物だと思うんですよ。そういう気持ちは自分も0ではありませんが、代表がよく口にする「稼ぎ続ける、数字を残し続ける事が本当の一流」という考えに共感するので、常に謙虚な気持ちを持っていることが大事だと思いますね。自分の中で目標を立てて、それを達成できるように自己規律の下で仕事をするようにしてます。

社員インタビューイメージ

ー入社して一番苦労したことは?

ちょっとやそっとでは動じない強い心を持つ

契約が決まっていたエンジニアに、出社拒否をされてしまった時は大変でした。
契約が決まって、初日の待ち合わせに3日連続で来なかったこともあります。それで2日目の時にはゼリーを買って、ドアに掛けて「明日もお願いします」って言って「わかりました、明日は行きます」って返事をされても結局来なかった。最後の日も「車で次の日迎えに行きます」って言ったんですけど、それも断られて。それが自分の中でなかなか辛かった経験ですかね。
仕事に責任を持つことは大事なんですけど、何でもかんでもまっすぐ受け止めすぎないように、まずはやるべき事をしっかりこなす。強い気持ちを持って仕事をすることが営業には大事です。

社員インタビューイメージ 社員インタビューイメージ

ー今後の目標は?

マネジメントの役割を夢への一歩に

自分と同じ数字を上げる営業社員をどんどん生み出すのが1、2年後の目標だと思ってます。
個人的にはプレイヤーとしてそこそこの域にまで達したので、今後は組織づくりのためのマネジメントもできるよう次のステップに進みたいと考えています。代表にも話してるんですけど将来的には自分も経営者になる夢があるので、その夢への第一歩目としてはすごく良い経験になるのかなって思ってます。サクヤの売上を現在の約5倍ほどに出来たらある程度の規模になると思うので、そこまではコミットするよう運んで、マネジメント業もできるようになり、そして起業という方向に持っていきたいです。

社員インタビューイメージ

メッセージ

「自己責任を持って動ける人」待ってます。

「自己責任を持って動ける人」が一番欲しいですね。社会に出たらそれが出来る人って少ないので。営業の仕事は自分のせいじゃないのに「全部自分の責任なんだ」と思ってトラブルの対応をしなければいけない事もあるので、メンタルの強さが大事です。
あとは、将来目指す業界や希望の職種が決まっているのであれば、色々な会社のインターンシップをおススメします。私の場合は長期インターンシップがかなり人生を変えました。

社員インタビューイメージ