PAGE TOP

社員インタビューヘッダーイメージ

本気だから絶対やめない。強い意志を持ち続ける。

営業 (人材コーディネーター) 2017年度入社

西村 雅人/Masato Nishimura

中央大学卒 理工学部 数学科卒

大学在学中に営業として約8ヶ月間のインターンシップを経験後、2017年入社。
本気で仕事に取り組むという強い志を持ち、現在はサクヤの営業を引っ張る主要メンバーの1人。現場へ適した人材の提案や技術者と現場の間で起こる問題の解決など、人材コーディネーターとしての業務の他、現在はトレーナーとして後輩社員への指導なども行っている。

本気だから絶対やめない。強い意志を持ち続ける。

ー入社の決め手は?

とにかく成長スピードを重視

就職活動時はどの企業に入るかよりも、入ってから何をするかという方を重視していたので、業界関係なく選考を受けていました。
ただ、とにかく早く実務ができるところ、成長スピードが早いところが良くてベンチャー企業中心で見ていました。中でも弊社代表のお話は特に印象に残っています。仕事に対する考え方や覚悟を聞いて「ここなら成長できる」と感じました。あとは結果を出した分だけ稼げる環境があったというのが大きかったです。

社員インタビューイメージ

ー入社して感じるサクヤの魅力は?

営業ひとりひとりのレベルの高さ

営業として働く中で日々感じることは人にすごく恵まれた環境だなと思いますね。営業ひとりひとりの質、レベルも高いと思います。営業マンとしては1聞いたら10返ってきて欲しいんですよね。次に想定される質問は何かということを常に考えながら動いて欲しいと思っていて。1聞かれて1そのまま返すだけの営業マンじゃ全然足りないなと思っています。自分で考えて先読みする力だったり、営業としてのスキルが高い人は多いと思います。

社員インタビューイメージ

ー仕事をする上で大切にしていることは?

まずは相手のために。相手が求めていることを考える

営業として自分の数字をあげるという考えだと良くないなと思いました。顧客がいて顧客のためにっていうのがないとやっぱり上手くいかないと思っています。
自分の場合はエンジニアの皆様とクライアントのお客様がいます。自分のことではなくまずは相手のことを考えること、思いやる気持ちが大切だなと思います。

社員インタビューイメージ

ー入社して一番苦労したことは?

絶対に諦めない。自分なりの「営業」を見つける

営業を始めてすぐの頃は契約が中々取れなくて苦労していました。決め方のプロセスは分かるんだけど決まらない。何が悪いのかもなんで決まらないのかも分からなかったし、改善点も見えなくて。量をとにかくこなしていた分辛かったです。ただ、諦めずに色々な営業スタッフと話してやり方を聞き、とにかく試行錯誤を重ねました。その結果、数ヶ月後には数字が上がるようになりました。たまたま試した方法が上手くいったということもありますが、諦めずに色々な営業方法を模索していく中でやっと自分なりのやり方が少しずつ固まってきたのかなと思います。

社員インタビューイメージ

ー今後の目標は?

日々の仕事に本気で取り組み、チームとして成長できるように

まずはその場その場で正しいと思ったことをやる、やると決めたことをきちんとやるということを大切にしています。自分の強みは「やめないこと」だと思っていて、辛いからやめるっていうことは絶対にしないですね。本気になってるから絶対やめない。日々の仕事にも常に本気で取り組む、そういう気持ちで業務にあたっています。
今後の目標をあげるなら、営業をチーム化していきたいと考えています。現在も新入社員のトレーナーを担当していますが、全員がチームとしてより良い結果を出せるようにサポートしていきたいと思っています。

社員インタビューイメージ 社員インタビューイメージ

メッセージ

「コミュニティを広げる力」が重要。
営業として本気で頑張りたい人待っています。

学生のうちは色々な人と会って人脈を広げることが大切だと思います。社会人ってコミュニティがかなり重要だなと感じていて、特に営業だったらコミュニティを広げる力だったり、人脈の広さはやっぱり大事。そういう力を学生のうちから持っている人は強いと思います。

社員インタビューイメージ